しゃぶしゃぶも焼肉も生春巻きも楽しみたい欲張りなあなたへ。

韓国のグルメ

生春巻きのお店を探してたんですが、タイトルにもある通り、しゃぶしゃぶもできるし焼肉も食べられる店を見つけて目がキラキラ。

あー肉食べたいけどどーするー、決めらんなくない?って思ってるそこのあなたに、おすすめのお店をご紹介します。

 

スポンサーリンク

お店の外観

この前紹介したとんかつのお店のすぐ横にあるので、大通りからはhyundai oilbankのガソリンスタンドを目印に登った角にあります。

大きな縦看板とお店の側面に広がるネオン

 

 

スポンサーリンク

メニュー

入店して着席後、店員さんが聞いてきました。「ここのお店は来たことありますか?」

初めてですーって返すと、「ああ~…うちメニューが一つしかないんですよ。」

お店を探してくれた彼は普通に対応してましたが、珍しく韓国語が理解できてしまった私は思わず彼を見ましたね。笑

単品でも頼めるしセットでもいけるのかと思ったら、全部食べられるメニューでした!

手前のサラダバーと奥に広がるテーブル席

 

お肉は3種類。

しゃぶしゃぶ牛肉/豚肉(サムギョプサル)/牛肉(牛ギョプサル。笑)

冷蔵庫に詰められたロール肉

 

野菜とかもたくさんあります。

肉巻き用の葉物類やきのこ類から、おもちやミニ餃子まで、あとフルーツポンチもありました。

 

二列に並んだ野菜と付け合わせ

 

スポンサーリンク

欲張り開始!

どっちも盛り付けてみました!

お皿に盛られた野菜キノコとお肉

 

テーブルではこんなセットが出来ていて、真ん中でしゃぶしゃぶ、周りの鉄板でサンギョプサルとかが焼けます。

真ん中の器でしゃぶしゃぶ、それを囲む鉄板で焼肉

一種類だけだと、お腹減ってても食べ放題だとしても飽きちゃうんですよね。でもこの形ならその時の気分で変えられます。

 

テーブル上には2種類のソース(オレンジ:スパイシーソース、黄色:マイルドソース)があり、他にもカウンターに何種類も用意されていて、これも飽きがこないポイントでした。

テーブルの2種のソースとカウンターに並ぶ多種ソース

 

さてここは分類としてはベトナム料理店らしいんですが、生春巻きも自分たちで作ります!

自分の好みで火を通したお肉と野菜たちを巻いてみました。

真四角にくっついてしまった手作り生春巻き

あははー、下手くそ。笑

 

お肉を満喫した後、とびこの乗ったご飯と卵を入れて〆のおじやも作りました。しゃぶしゃぶしてた肉汁がしっかり効いてて、これけっこう私のおススメです!

 

スポンサーリンク

食後のお話

サイドにコーヒー(HOT/ICED)が用意されているのでご自由に。

 

あとお会計終わった時に店員さんから、これ良かったら使ってくださいって髪の毛のゴムをいただきました!こういうサプライズっていいですよね。

でもどうせなら食事始める前に欲しかったなーって。笑

 

 

話は完全に反れるんですが、これ知ってますか? ソジュのラベルをはがしてグラスの底にくっつけるとあら不思議、パクソジュンとアイコンタクトしながらお酒が飲めるじゃありませんか。笑

グラスの底に貼られたパクソジュンのラベル

韓国人あほすぎる。笑

いや頭がいいからこんなことになるんですかね、食事の時間をフルで楽しんでいます。申し訳ないんですが、しばし目の前の彼をパクソジュンだと妄想してました。

遠近法で彼の顔がパクソジュン

 

人気のある店ってのは聞いてて、個人展開のお店かなって思ってたらチェーン店だったので、今回の店舗が遠くても他覗いてみてください。

 

スポンサーリンク

基本DATA

【 월남쌈김상사 】

(ウォルナムサム キムサンサ)

 京畿道 水原市 八達区 仁渓洞 369-20

(경기도 수원시 팔달구 인계동 369-20)

 11:00~22:00 (L.O. 20:30)

 17500w/一人

15500w/一人 (平日ランチ)

 ホームページ(韓国語)

 

Hannah

旅行とか海外とか自由とか、そんな言葉が大好き。
これまでフィジー/オーストラリア/カナダに住んだ経験があり、今は韓国のスウォンという所にちょっくら移住しています。

弾丸旅 / 突然旅に出る / 暇があればナッツ / 暇があればヤンニョムチキン / 平日の万歩計200歩 / でもバス乗るよりも歩くのが好き / 会話は3か国語ミックス / だから日本語も下手 / でも純JAPANESE / 無心になるとひたすら文字を書く

HAKUNA MATATA

はな旅NOTEをフォローする
韓国のグルメ
スポンサーリンク
はな旅NOTEをシェアする
はな旅NOTEをフォローする
はな旅NOTE

コメント