大パノラマの絶景に感動。パラカス国立自然保護区をツアー観光。

パラカス
スポンサーリンク

パラカス国立自然保護区とは

Paracas National Reserve(Reserva Nacional de Paracas)。

約33万5000ヘクタールの広大な自然保護区。このうち65%が海、35%が砂漠と島でできています。

ペルーの首都リマから車で3時間、日帰り観光でも訪れることができる景勝地地区で、最寄りの町はパラカスです。

 

海のパートで有名なのが、バジェスタス島。スピードボートに乗り、一面を埋めるペンギンやアシカを至近距離で眺めることができます。

この記事では、砂漠パートの雄大な景観をご紹介します!

スポンサーリンク

ツアー内容

パラカスの町で11:00にピックアップしてもらい、バスで10分ちょっとで到着です。出発したらすぐに一面が砂漠に変わります。

途中にこんな看板がありました。

砂漠バックに構える保護区の看板

 

自然保護区なので、ガイドさんが一旦バスを降りてオフィスに向かいました。

RESERVA NACIONAL DE PARACASと書かれた灰色の建物

確かこの時、全員分のパスポートを持って行ったはず。前に、バギーとか4WDで無断で入って荒らしていった若者たちがいたそうですよ…。写真見たけど、まっさらな砂漠にタイヤの跡だけぎっしりついていました。こういう心を持つ子には育てたくないな。

 

3000kmにわたって続く砂漠を奥に進んでいくと、海が見えてきました。

砂漠の先に見える青い海

 

開けたところに出てきました。バスで2ヵ所寄っていきます。

舗装された道を歩いて景勝地に向かいます

 

ここで注意点。ものすごい風が吹く時があります。いや、この日は9割強風でした。こんなことになります。笑

長い髪の毛が真上真横に吹き荒れています

 

砂漠の横に…、海があります‼

砂漠の真横に打ち寄せる波と崩れる岩

こんな景色初めて見た。

しかもこの海岸線、波でえぐられてませんか?!自然の力ってすごいです…。海岸の砂が赤いってのも初めて見ました。これも浸食されたことで起きた現象なのかな。

そして、地面が崩れ落ちています‼このツアーの最中に、崩れ落ちる瞬間を何度か見ることができました。

 

いくつかこんな看板がありました。

6m以内に近づくと危険の看板

「Danger walk to 6m from the shore」

海岸線に6mまで近づくと危ないよーって。…でしょうね。笑

別の場所で撮影した海がこちら。

高い崖に打つつける強い波と緑色の海

既にボロボロですね。安全柵の内側から撮影しましたが、足元にヒビ入ってるポイントありましたよ。

ここの海は水の色が青じゃなくて緑色に見えました。というのも、ここらへんは植物プランクトンがいっぱいで、そのプランクトンが緑色のため海も緑色に見えるって話でした。この植物プランクトンを求めてたくさん海洋生物が集まるそうです。

 

さて、最後に私の個人的なお気に入り。

四角い木製の4つに分類できるゴミ箱

カラフルでかわいい、ってそれだけなんですけど。笑

ここでポイ捨てしようなんて考える人がいるのか、って思うところですが、こうやってしっかりゴミ箱が設置されているっていいですよね。

 

 

広大すぎる内陸部の砂漠地帯だけでも感動していましたが、そのすぐ横に海が出来ていて、更にそのえぐられた海岸線にはもっと驚きました。今もきっと浸食が進んでいて崖が崩れてるんだろうなー。自然のすごさをこの目で感じてきました!

スポンサーリンク

利用したツアー会社

安全で自由に楽しく。ペルーの移動はPERU HOPバスがオススメ。
バックパッカーの旅行ってバス移動が基本ですよね。私たちが旅行した時も、南米移動は大半がバス移動でした。 でもローカルバスって、スリがいたり英語が通じなかったり、窓がなくて雨でびしょ濡れになったりしそうじゃないですか?そんなことを思いな...

ペルー滞在期間は、すべてこのバスを利用して移動しました。観光客しかいないので安全で、降りたいところで降りて次の乗車日は自分次第。ツアーガイドが宿やツアーもサポートしてくれます。

 

パラカスからワカチナに行く途中に寄ってもらうことができ、このツアーは初めからプランに含まれているので無料です!

11:00にパラカスの町の出発し、10分程度で到着。1時間ちょっと観光のために立ち寄ります(2ヵ所)。そのまま次の目的地、ペルーのオアシス・ワカチナに14:15到着です。

季節や日にちにもよると思いますが、私たちが出発した日は私たち含めて3組、5人しかバスに乗っていなかったので、バスはゆったり使い、写真も人を気にせず撮影することができました。

 11:00~12:30くらい 1.5h

 無料(バス代金に含まれる)

 英語ガイド

スポンサーリンク

注意点

  • 風がものすごく吹き荒れます。髪が雷神のように逆立ちます。髪の毛の長い方はぜひ、まとめてから観光してください。と同時に、帽子は危険なので注意した方が良さそうです。
  • 紫外線対策を忘れずに。日焼け止めはもちろん、サングラスも必須。(でも風に飛ばされないように気をつけて。)
  • 「Danger walk to 6m from the shore」
Hannah

旅行とか海外とか自由とか、そんな言葉が大好き。
これまでフィジー/オーストラリア/カナダに住んだ経験があり、今は韓国のスウォンという所にちょっくら移住しています。

弾丸旅 / 突然旅に出る / 暇があればナッツ / 暇があればヤンニョムチキン / 平日の万歩計200歩 / でもバス乗るよりも歩くのが好き / 会話は3か国語ミックス / だから日本語も下手 / でも純JAPANESE / 無心になるとひたすら文字を書く

HAKUNA MATATA

✿はな旅NOTEをフォローする
パラカス
スポンサーリンク
✿はな旅NOTEをシェアする
✿はな旅NOTEをフォローする
はな旅NOTE

質問やコメントはこちらへ

タイトルとURLをコピーしました