【済州島3泊4日】3-2 インスタ映え貝殻博物館&イニスフリーでナチュラル石鹸づくり そしてアワビ!

韓国

はーい、充実の1日、続きまーす!

そろそろ西帰浦抜け出すかと思いきやまだまだ西帰浦です。

 

スポンサーリンク

アートミュージアム 世界貝殻博物館

ここは旅行を計画し始めた早い段階で予定に組み込んでたんです。

世界から集められた貝殻がアート作品になっているということで行ってきました。チョンジヨン滝からわずか5分で到着です。

 

入口から楽しませてもらいました。

でっかい真珠のベンチ。いやさすがに本物じゃないでしょうど。

大きなパールのベンチでパシャリ

 

スタッフさんが簡単に館内の説明をしてくれます。女性の方に差し上げますって小さな真珠?なわけない?のピアスをいただきました♪

1階にアーティストの館長さんがデザインしたひとつめの展示室と売店、あと曜日限定でワークショップもやってるみたいです。2階には金属工芸家の副館長さんが作った銅細工に合わせたふたつめの展示室がありました。

壁やショーケースに飾られた数多くの貝アート

ただの「いろいろな貝の紹介」ではなく、ひとつひとつが芸術作品!例えば貝に貝が合わさると桜の木になっちゃったり。

触っちゃいけないんだろうけど、ショーケースなしで展示されているものもあって、本当に真近で貝殻を楽しみました。

ピンクのヒトデと白いサンゴのアート

 

私が一番気に入ったのはこの棚です!

ラウンドジャーに敷き詰められた色とりどりの貝殻たち

ショーケースもすごかったですけど、ここまでまとまってカラフルだと圧倒されます。

しかもすごいのは、そのひとつひとつのビンの中で模様が出来上がってるわけですよ。どうやって作りこんだんだろ。

こんなに色鮮やかなのにこれ全部、自然が作り出したものだっていうから驚きです。

 

あと、2階の半分がテラスになってました。良い天気だったのでちょっと出てみました。

大きな貝オブジェの中で丸くなる彼

男性でもパールに憧れるみたいです。

 

旅行にはたくさん行ってもお土産は一切買わない私ですが、カラフルは大好物だったのでついに手を伸ばしてしまいました。購入後に何の貝殻だろーってもう一周してパシャリ。

ショッキングピンクの貝殻ネックレス

 

 

 

【 세계조가비박물관(セゲジョガビバクムルカン) 】

 済州特別自治道 西帰浦市 西烘洞 557-1

(제주특별자치도 서귀포시 서홍동 557-1)

 7~8月 8:30~20:00 (最終入場:18:30)

9~6月 9:00~19:00 (最終入場:18:00)

 大人 6000w

 

 

今日は南から北に一気に上がらなきゃいけないのでよく動きます。

途中有名そうな海岸をナビに入れてたんですけど、着いたら磯の香りがする港だった件は記録しないでおきます。

 

スポンサーリンク

innisfree JEJU HOUSEで石鹸づくりワークショップ

さらに車を走らせ、ここも絶対行きたい―と思っていた場所。

ずっと海沿いにいましたが、今回はじめての山の中です。

 

ここにはイニスフリーのコスメショップや済州島の食材を使ったオーガニックカフェがありますが、私の目的はずばりハンドメイド石鹸

3個入りのキットを購入して、タブレットを見ながらコネコネします。

作業台と材料をこねる彼

それぞれ香り・成分が違って、グリーンティー/タンジェリン(オレンジのようなシトラス系)/ヴォルカニック(火山灰かな)の3種類から選て、タブレットでは日本語を選択できました。

後から座ったカップルが先に終わっちゃうほどゆっくり作り、3個セットだったのが4個になりました。

手提げにいれて親に渡したら、あら可愛い~っ良い香りねえって喜んでくれたので満足です。

グリーンのラッピングペーパーに包んだ石鹸と手提げバッグ

 

隣りにはO’sulloc Tea Museum(オソルロッティーミュージアム/오설록 티뮤지엄)もあって、ここは抹茶ソフトがすごく有名です。茶畑も広がっていて、内側に入って少しうつむく絶妙なフォトを撮ってもらってる韓国女子たちがいっぱいいました。

2つの施設を合わせて楽しむのを考えるのはもちろん、できれば駐車場もどっちも候補にいれておいた方がいいです、土曜日の昼下がり、けっこう混んでました。

 

 

【 innisfree JEJU HOUSE 】

 済州特別自治道 西帰浦市 安徳面 西広里 1235-3

(제주특별자치도 서귀포시 안덕면 서광리 1235-3)

 9:00~18:00

 手作り石鹸キット 15000w

 

 

で、気づいたんですね、今日もご飯忘れてるねって。今日は間違いなく朝9時に食べたスーパーで買った小さなアワビ粥のみ、もう3時半です。

北上してきれいな海眺めながら人気のうどん屋さん行こうかってなりました。

駐車場に着きました。

 

 

休憩中

 

 

……なんかこの喪失感、つい最近感じたよね(…昨日。)って落ち込んだけど、スタッフさん出てきたので何時からですかー?って聞きました。

 

「本日は予約でいっぱいです、ありがとうございます。」

 

あ、いえ、こちらこそありがとうございます。

 

ってなるかーーーーーい‼

やっとたどり着いた海も30%港だし笑、これもなんかデジャブなんでもう宿に向かいます。

 

スポンサーリンク

贅沢盛り アワビ専門店

でもお腹減ったよね。

そうだね。

ホテル行く前に、最後だしアワビ食べようってことになりました!

 

人気店みたいで、忙しい時間帯は番号札で並んでるそうです。

私たちが着いた17時頃でもけっこう埋まってて、隣接する宿舎みたいな建物の2階にお座敷が広がっていました。私たちが着席してからも休みなくお客さんが上がってきてすごいねって話してました。

 

さて私たちが頼んだのは、まずはアワビ粥

草色のあわび粥とおつまみ

私磯の香りが苦手なのであんまり貝類食べないんですけど、これは臭みがなくて食べやすかったです!確かに朝食べたインスタントとは濃厚さが違う。見た目はちょっとあれですけど、”海鮮のうまみ”ってやつが凝縮されてるんだろうなーって。

 

もう1つがアワビの冷製刺身スープ

3列に並んだアワビのお刺身と赤いスープ

ピリ辛のお酢が効いたスープに入ってます。冷たいものNGで磯の香りもダメなので、私には生の海鮮たちはちょっときつかったですが、彼は美味しいって言ってました!

コリッコリの生アワビを食べれたのは良い経験になったと思います。

 

 

【 순옥이네명가(スノギネミョンガ) 】

 済州特別自治道 済州市 道頭1洞 道空路 8

(제주특별자치도 제주시 도두일동 도공로 8)

 9:00~20:30

 アワビ粥 12000w

アワビ刺身スープ 15000w

 

スポンサーリンク

本日の宿 & 東門市場

お腹もパンパンになったところでチェックインします。

駐車スペースが2台分で出入りがしづらかったのと、対応してただいたおじさんがひょいっと出てきたのはテレビのついた畳の居間からってのが印象的でした。すごいアットホーム、ていうかホーム。笑

通常は朝食ブッフェをしてくれるらしいんですけど、私たちが泊まった日から改装だそうで…運がなかったです。

 

歩いて20分でナイトマーケットがあるので、夜風に吹かれながら行ってきました。

フードトラックいっぱい若者いっぱいですごい行列もできてました。エビのガーリック串とモチモチワッフルクレープを食べ、その奥には日常風景の市場があったので、私たちはそこで半額になった刺身を持って帰りました。

器にモリモリの生えびとお刺身

 

ちなみにお土産用のチョコレート、空港で買おうーって思ってるなら市場で買うのがおススメです。空港で売ってる1箱分の値段で5箱セットですから。笑 (試してないので味は保証できないですが。)

 

 

【 동문시장(トンムンシジャン) 】

(ナイトマーケット)

 済州特別自治道 済州市 東門路16 東門市場 8番ゲート前

(제주특별자치도 제주시 동문로16 동문지장 8번게이트 앞)

 18:00~24:00

 

 

【 Hotel G 】

 済州特別自治道 済州市 三徒1洞 

(제주특별자치도 제주시 삼도1동)

 8/18(土) ダブルルーム 41000w

Hannah

旅行とか海外とか自由とか、そんな言葉が大好き。
これまでフィジー/オーストラリア/カナダに住んだ経験があり、今は韓国のスウォンという所にちょっくら移住しています。

弾丸旅 / 突然旅に出る / 暇があればナッツ / 暇があればヤンニョムチキン / 平日の万歩計200歩 / でもバス乗るよりも歩くのが好き / 会話は3か国語ミックス / だから日本語も下手 / でも純JAPANESE / 無心になるとひたすら文字を書く

HAKUNA MATATA

はな旅NOTEをフォローする
韓国
スポンサーリンク
はな旅NOTEをシェアする
はな旅NOTEをフォローする
はな旅NOTE

コメント