ワカチナ バギー&サンドボーディングからのサンセットでドキドキがとまらなかった話。

ワカチナ

さて、ペルーのオアシス・ワカチナに来たら必ずやるべきこと。砂漠でバギー&サンドボーディングツアーに参加してサンセットも楽しむこと!

むしろワカチナに来たらこれしかやることはありません。笑

ツアーの詳細を、実際にあったトラブルも混じえてお伝えします!

スポンサーリンク

ツアー内容

バギーツアー出発…

ぷらぷら街歩きをしててたまたま今出発だよー!ってバギーがあったのでそれに乗り込みました。まあそこから15分以上出発しませんでしたけど。笑

 

なぜかって、いきなり問題発生です。

理由①「あと1人乗るスペースあるんだよねー。」

いやいや、時間で出発してくれるんじゃないんかい‼笑 まあそのくらいならペルータイム、待ちますよ。

 

理由②バギーに乗り込んで代金を支払い待っていました。最後の1人が来たので出発か!と思ったら、なんかスペイン語喋ってる。なんか前からお金集めてる。…え?

隣の英語できる人に聞いてみたら、サービス料だかガソリン代だかそんなこと言ってたらしいです。まあみんな文句言いながらも払いましたけどね。はっきりは覚えていませんが45PEN+4PENくらいだったと思います。

せっかく安いからって乗り込んだのにこれじゃ全然安くないし、時間も無駄だし、なにより気分が悪い。

 

やっと出発です。

バギー揺れ過ぎて、体だけじゃなくモヤモヤの気持ちまで外に放り出されました。笑

砂漠のど真ん中へ

シートベルトはしてるんですよ?車みたいに斜め掛けでしっかりと。でもそんなの関係ない。横揺れ縦揺れ全部体験させてもらえます。

まじでジェットコースター。ものすっごいスピードで進んでいきなり急降下‼バウンドしすぎてお尻やられましたわ。笑

遠くにワカチナの街が見える辺りでフリータイム。

砂漠をバックに手を広げる私たち

砂漠のど真ん中、あぐらをかく私

遠くにワカチナの街がちょっとだけ顔をだしています

どこまでも続く砂漠と太陽

荷台に乗っかる彼

バギーの屋根に登って記念撮影

 

…もうそろそろ良くないか?私たちより後に到着したバギーが次々出発していきます。

参加者「行こうよ!」

スタッフ「あのねー、エンジントラブル―。

私たち「え?

またもや問題発生。笑 さっき代金払ったんだけどなあー、ガソリン入れ忘れたんかなー。笑

結局30分弱同じ場所に留まってましたね。

 

やっと出発です。

バギー揺れ過ぎて、体だけじゃなくモヤモヤの気持ちまで外に放り出されました。笑笑

サンドボーディング

どんどん砂漠の奥まで入っていて、もう街がどっちの方向かもわからなくなりました。

後ろに積んであったボードで砂漠すべりします!(←日本語で言うとなんかダサいですね。笑)木の板にマジックテープ、大丈夫なのか。

マジックテープの靴止めがされたけっこう使い古した木のサンドボード

足跡しかない砂漠

 

基本的にはうつ伏せになって頭から滑っていく方法。スノボみたいに滑ろうとしてもスタッフさんにやめた方がいいよーって声かけられます。それでもスナボすると、100パーセントの確率でこけます。笑 自信あっただろうに、めちゃ痛そうでした。

勝手な予想ですけどきっと50mくらい。みんな2回ずつくらい滑りました!

砂山の上から見たサンドボーディングの光景

心配していた足を止めるマジックテープも、しっかりしてたので良かったです。砂すれすれを猛スピードで落ちていくってめちゃくちゃ楽しいです!

 

そしてさらに移動してもっと奥へ。

きっと150m~200mはあったんじゃないかと思います。男性陣はほぼ全員勇敢に砂底へダイブしていきました。スナボで痛めた人は本気でダウンしたのでバギーで休憩してましたよ、みなさん気をつけて。

砂漠と勇敢そうにボードを持つ彼

感動のサンセット

バギーと街と青空

ツアーのラストは夕焼け鑑賞です!街が見える位置まで戻ってきてフリータイムです。

 

夕焼けに向けて背を向けるシルエット

空一面が青とオレンジ

オレンジの夕日に照らされたバギーのシルエット

ただただ陽が沈んでいくのを見てるだけなのに、なんだかすごく感動。今旅行してるーって最高潮に感じた瞬間でした。

16:30くらいに出発して、18:00前にはサンセットのためにゆっくりしていたと思います。ツアーに参加するなら絶対にこの時間がおススメ。砂漠のアクティビティーだけじゃなくて綺麗なサンセットも一緒に楽しめるので。

沈みきるまではいられなかったけど、十分にサンセットを楽しめたので満足です。出発地に戻ってそのまま解散しました。

 

おまけ。

街は暗く、空はピンク色に。

街の反対側から見るサンセットはこんな感じ。街も一緒に眺めるならこっちの方がおススメです。詳しくは前のページへ。

スポンサーリンク

注意点

  • 服装:肘・膝をカバーできる服(サンドボーディングで擦りむくことがあるので。)、歩きやすい靴(できればサンダルじゃなくスニーカーみたいな安定した靴を。)
  • 利用したのは、ちょうどDesert Nights Restaurantの裏辺りで客引きしていたツアー会社です、気をつけてください。乗り込んでから追加料金請求してくることもあるので、ぎりぎりで乗るんじゃなくてしっかり交渉してからツアーに参加した方が良いです。どのツアー会社も共通で。
  • 本気で揺れます①!ポケットの中やカバンだけじゃなく自分の体も飛び出しそうになるので気をつけてください。
  • 本気で揺れます②!シートベルトに擦れて、もしくはバギーの椅子部分にぶつかって、あざになるかもしません(体験談)。日ごろからバランスを良い食事を心がけ、体幹トレーニングをおすすめします。笑
  • <PERU HOP利用者>オプショナルツアーで申し込むこともできます。14:15ワカチナ到着後、16:00から2時間のツアーで50PEN / 15USDです。
Hannah

旅行とか海外とか自由とか、そんな言葉が大好き。
これまでフィジー/オーストラリア/カナダに住んだ経験があり、今は韓国のスウォンという所にちょっくら移住しています。

弾丸旅 / 突然旅に出る / 暇があればナッツ / 暇があればヤンニョムチキン / 平日の万歩計200歩 / でもバス乗るよりも歩くのが好き / 会話は3か国語ミックス / だから日本語も下手 / でも純JAPANESE / 無心になるとひたすら文字を書く

HAKUNA MATATA

はな旅NOTEをフォローする
ワカチナ
スポンサーリンク
はな旅NOTEをシェアする
はな旅NOTEをフォローする
はな旅NOTE

コメント