【景色編】世界遺産クスコの歩いていけるおすすめ観光スポットまとめ

クスコ/マチュピチュ

マチュピチュの玄関口として、また世界遺産の街としても知られるクスコ。

計7日間滞在したクスコの、オレンジの屋根が特徴的な街の風景や観光地を少しまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

クスコ

クスコの概要

  • ペルーのアンデス山脈南部に位置する、標高約3400mの都市。 → 高山病に要注意
  • 「一生に一度は訪れたい場所」マチュピチュへのアクセスは、クスコが拠点。
  • 「クスコ」とは、ケチュア語で「へそ」。インカ帝国時代の首都
  • 優れた景観や歴史上重要な建築があることから、街全体が1983年にユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録。
  • 京都市が姉妹都市。

 

クスコまでの行き方

安全で自由に楽しく。ペルーの移動はPERU HOPバスがオススメ。
バックパッカーの旅行ってバス移動が基本ですよね。私たちが旅行した時も、南米移動は大半がバス移動でした。 でもローカルバスって、スリがいたり英語が通じなかったり、窓がなくて雨でびしょ濡れになったりしそうじゃないですか?そんなことを思いな...

ペルー滞在期間は、すべてこのバスを利用して移動しました。観光客しかいないので安全で、降りたいところで降りて次の乗車日は自分次第。ツアーガイドが宿やツアーもサポートしてくれます。

 

  • アレキパ発 05:45
  • クスコ着  17:30

標高の低いリマ(約1550m)から、アレキパ(約2340m)を経由してクスコ(約3400m)に向かいます。

リマから飛行機で2時間の距離ですが、いきなり高い場所に行くと高山病になる危険が高まるので、時間があるならば、バスに乗ってゆっくり向かうことをお勧めします。

PERU HOPを利用していたので、私たち2人は高山病の気配ゼロでした!

 

スポンサーリンク

おすすめスポット

アルマス広場

【 Plaza de Armas 】

緑の芝生と開けた広場

クスコの街の中心地で、周りにはレストランやツアー会社がたくさんあります。壮大な大聖堂もアルマス広場に面しています。

歩いているだけで客引きが話しながらついてくるし、ベンチに座っていてもサングラス売りや靴磨きさんが次々とやってきます。よく言えば賑やか、悪く言えばうるさい。笑

ちなみにRayBanのサングラスが10ソル(約330円)。安いしもう一回来たら買いたいなー、なんて売り子さん任せなこと思って待ってたんですが、とうとう来ませんでした。笑

 

そびえ立つ大聖堂とベンチ

芝生でお昼寝しているわんちゃん

オレンジに照らされる広場

夜になると、オレンジの明かりで広場全体が幻想的に浮かび上がります!

でも明るい色じゃないので、30分くらい一人で待ってなきゃいけない時は終始キョロキョロ警戒してました。開けたところなので本当はそこまで危なくない所なのかもしれないですが、いつでも警戒心を持っておくことは大切ですよね。

 

サン・クリストバル教会

【 Iglesia de San Cristobal 】

丘の上からのパノラマビュー

丘の上にある教会の広場から、クスコの街を一望できます。

 

アルマス広場から約10分、細い坂道を登っていきます。

ずっと上り坂なのでけっこう疲れました。水だけ売っている民家が途中何件かあって、お金を持ち合わせていたら買っていましたねこれは。

そびえ立つアンデス山脈と街の屋根1

そびえ立つアンデス山脈と街の屋根2

 

私がここにいたのは15:00くらいからの約2時間(留まりすぎ。笑)。

ミニバスツアーみたいなバンの団体さんが2回到着しましたが、それ以外はトレーニングを受けてる現地の女性たちと、ひとりバックパッカーの人が黄昏ているだけでした。

案外穴場スポットなのかもしれません。

 

夜景が綺麗だってどこかで聞きました! が、一人だったので、安全を第一に考えて今回はおあずけです。どなたか夜景を見た方、教えてくださーい!

 

12角の石

【 Twelve Angled Stone 】

隙間なく組み合った大きな石

 

剃刀の刃さえ入らないと言われるほど隙間がまったくなく、周りの石とピッタリ合わさった12角の石。

 

ちなみに13角の石14角の石もあるみたいです。なんの情報もなしに探しましたが、迷宮入りしました。。

更に言うと、とかピューマとかも隠れているらしいです。これはいくつもの石を組み合わせて完成するんですが、蛇なんか特に無理やりな感じが否めなませんでした。だってどこ見ても一直線ですから。笑

 

大聖堂の右側の道をまっすぐ進んでいった、アトゥンルミヨク通り(Calle Hatunrumiyoc)にあります。下の写真はアトゥンルミヨク通りではありません。

12角の石に続く横道

 

気になる方は、下調べしてから行ってみてください。

 

メルカド

【 Mercado Central de San Pedro 】

天井の広い明るいメルカド内

どこに行ってもメルカドは必須の観光地ですね、現地の雰囲気が思いっきり漂っています。クスコのメルカドとても大きくて、天井も高くて広々としていました。

カラフルな布やアルパカのぬいぐるみ

色とりどりのバッグと塊のチーズ

 

次の記事で紹介しますが、ローカルグルメのカウンターやスナックももちろんありました。

セヴィーチェたち

 

アルマス広場から約10分です。

地図に載せたメルカドの周りには、もっともっとローカルなミニメルカドたちが立ち並んでいます。

地べたに座り野菜を売る現地の人々

 

番外編 ウェルカムボーイetc

奥まったお土産屋さんの前で手を広げて空を見上げる男の子のマスコット

どこというのははっきり覚えていませんが、お土産屋さんのたくさんある通りで出会った男の子です。

ぷらぷら街歩きをしていたら出会えると思います。

この辺りは奥行きのあるお店が多くて、その分カラフルさも増してとっても可愛かったです!ぜひ探してみてください。

 

それと、いきなり道幅が減少する謎の細い道。

いきなり自転車の車輪幅に狭くなる脇道

自転車の車輪しか通らなそうですが、果たしてこれは何用なのか笑…

 

スポンサーリンク

まとめ

オレンジ色の屋根で統一された街並みで。街自体がすごく整備されていて、南米ならではのカラフルなグッズがたくさん売られていて、観光地感が溢れていました。

その一方で、街のすぐ周りに広大なアンデス山脈があったり、少し歩くと地元の日常風景が広がっていたり。

いろんな表情を覗かせてもらった街でした。

 

冒頭にも書きましたが、標高3400mです。加えて坂がとても多いです。ゆっくり歩いてこまめに水分補給して、高山病には気をつけてください!

 

:Plaza de Armas 】

:Iglesia de San Cristobal 】

:Twelve Angled Stone 】

:Mercado Central de San Pedro 】

Hannah

旅行とか海外とか自由とか、そんな言葉が大好き。
これまでフィジー/オーストラリア/カナダに住んだ経験があり、今は韓国のスウォンという所にちょっくら移住しています。

弾丸旅 / 突然旅に出る / 暇があればナッツ / 暇があればヤンニョムチキン / 平日の万歩計200歩 / でもバス乗るよりも歩くのが好き / 会話は3か国語ミックス / だから日本語も下手 / でも純JAPANESE / 無心になるとひたすら文字を書く

HAKUNA MATATA

✿はな旅NOTEをフォローする
クスコ/マチュピチュ
スポンサーリンク
✿はな旅NOTEをシェアする
✿はな旅NOTEをフォローする
はな旅NOTE

質問やコメントはこちらへ

タイトルとURLをコピーしました