南米 Avianca航空の5つの魅力!リオからニューヨークへ。

南米を中心に回ってきたハネムーンもいよいよ最終コーナー。
リオ・デ・ジャネイロからコロンビアのボゴタへ、そして南米を飛び出してアメリカ・ニューヨークへ移動しました。

この時利用したAvianca(アビアンカ)航空がコスパも良くサービスも充実していたので、その魅力を5つご紹介しようと思います!

<< あわせて読みたい >>

▼南米LCC ロサンゼルスからリマへ
本当にLCC !? Interjetを選んだ4つのおすすめ理由。LAからリマへ。

スポンサーリンク

アビアンカ航空 フライトスケジュール

アビアンカ航空の機体

(参照元:Wikipedia)

まずは、私たちが利用した飛行機のスケジュール。
リオを朝に出発、コロンビアの首都ボゴタで乗り継ぎして翌日の早朝のニューヨークに着く便にしました。

フライト1
  • 1月9日 09:00
    ブラジル/リオ・デ・ジャネイロ(GIG)
  • 1月9日 12:33
    コロンビア/ボゴタ(BOG)

乗り継ぎ 約10時間

フライト2
  • 1月9日 22:49
    コロンビア/ボゴタ(BOG)
  • 1月10日 04:25
    アメリカ/ニューヨーク(JFK)


◆基本料金 683USドル(約74277円)
◆燃油サーチャージ 85USドル(約9244円)
◆出国税など 69.46USドル(約7554円)
――――――――――
 一人合計 837.46USドル(約91075円)


飛行機を探している時はたしか直行便もあったと思いますが、なるべく費用を抑えたかったので乗り継ぎ便で検索。あと乗り継ぎ地に関しても、南米に入る時はリマに降りていて、せっかくだから違う都市が良いなー、なんてことも考えていました。

ボゴタに一泊する選択肢もありましたが、夜に空港に到着してホテルに移動するのはちょっと怖いと思っていたので、明るい時間に動けるフライトってのが第一プライオリティーでした!

スポンサーリンク

アビアンカ航空の5つの魅力

お金をかければ直行便でスムーズに到着できる。無駄な乗り継ぎ時間なく一日を有効活用できる。でもここでお金を使う旅ではない!って思って選んだのがアビアンカ 。

いや…、高っ!そんなお金ないわって思ったのが正直な感想。笑


でも乗り継ぎ便でその当時は最安値だったにも関わらず、いろんなサービスが最初から付いていたのにはビックリしました!

魅力1 無料で座席指定ができる

アビアンカ 座席指定画面

(参照元:Avianca)

サービス内容によってだいたい3クラス(econo/flexi/executive promo)が選択肢に上がってきて、どのクラスでも無料の座席指定ができます。
(本当は5クラスあるみたいだけど、飛行機を探してて選択肢に出てきたことはなかったです。ちなみに一番下のsuper promoには座席指定は付いていません。)


座席にはモニター、バスみたいなドリンクホルダー、USBポートも付いていて、けっこう快適に過ごすことが出来ました!

魅力2 無料で荷物を預けられる

アビアンカ航空はLCCだと思ってて、でも本当はコロンビアのフラッグキャリアだったから当たり前かもしれないけど、預け荷物も無料です。(super promoにはなし)

econo/flexiは23㎏1つ、executive promoは32kg2つを預けることができます。

魅力3 無料で食事が付いてくる

2つのフライトで、計3回の食事が提供されました。

どっちのフライトで何が出てきたかは忘れちゃったけど、撮った写真の時間的にはこんな感じです。↓


いかにも朝っぽいヨーグルトとシリアルの組み合わせ。
そしてダブルパンパンチ。笑

シリアルとヨーグルト

 

これはニューヨークに向かう夜中の軽食っぽいけど…
たしかハムとチーズのサンドウィッチ。

軽食のサンドウィッチ

 

ラビオリのトマトソース。

ラビオリとサラダ

魅力4 乗り継ぎ・時間の選択肢が多い

アビアンカ航空は世界で2番目に古い航空会社で、中南米を中心に各地を網羅しています。
乗り継ぎ地のも1ヶ所だけではないし、出発時間/到着時間/乗り継ぎ時間も柔軟に選ぶことができます。


LCCに近い料金なのに無料のオプションがいくつもあってすごく魅力的だけど、実は飛行機を選ぶうえで一番重要視していたのは到着時間でした。
危険だって言われている南米で、夜に到着してから大きな荷物を持って移動するのは避けたかったんです。

だからボゴタで一泊する選択肢もあったけど、お昼間の長い乗り継ぎ便をあえて選んで半日観光してました!

魅力5 ANAのマイルが貯まる

アビアンカ航空はスターアライアンスに加盟しているので、同じスターアライアンスのANAでもマイルを貯めることができます。

フラッグキャリアだなんて記事を書く今の今まで知らなかったので、LCCなのにANAマイルがもらえる―って喜んでいたのを覚えています。笑

南米を飛ぶのにはアビアンカがおすすめ!

いかがでしたか?

LCCだと思ってた私と最初からフラッグキャリアだってわかってる人の捉え方は全然違う気もしますが、LCC並みの料金でフラッグキャリアに乗れたのは確かです!

南米からアメリカに行く方、もしくは南米内を周る方も、気になった方はぜひ一度検索してみてください。


ちなみに乗り継ぎ地のコロンビア/ボゴタでは市内に繰り出してちょっと観光もしてきました。
眩しいくらいのゴールドを間近で観られる博物館があるので、時間のある方はここに寄ってみるのもアリかと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が少しでも情報の足しになっていれば嬉しいです。

1USドル≒108.75円
(2019年11月時点)

▶▶質問やコメントはこちらへ

タイトルとURLをコピーしました